【サービス業従事者1,122人に大調査!】イマドキ社員の仕事や会社に対する考え方が判明!定着率を上げる効果的な方法とは…?

【サービス業従事者1,122人に大調査!】イマドキ社員の仕事や会社に対する考え方が判明!定着率を上げる効果的な方法とは…?
株式会社ステラパートナー(本社所在地:東京都千代田区)は、サービス業に従事する20代~30代の男女を対象に、「仕事と会社に関する調査」を実施しました。
終身雇用は過去のものとなって久しいですが、企業目線で見れば社員の定着率を上げたいというのが本音ではないでしょうか。
ですが、特にサービス業を中心に、若手社員の定着率は年々低下の一途をたどっているのが現状です。

売り手市場の現在、どうすれば定着率が上がるのか…。
現代の若手社員は会社に何を求めているのか、どうしたいのかを知ることが、上述の課題解決に向けての大きなカギとなるでしょう。

そこで今回、株式会社ステラパートナーhttps://stellarpartner.net/)は、サービス業に従事する20代~30代の男女を対象に、「仕事と会社に関する調査」を実施しました。

若手社員の仕事への考え方とは一体…!?
 

  • 転職はもはや常識?

 

まずは転職を考えた経験をお持ちの方がどのくらいいらっしゃるのかから伺っていきたいと思います。
「あなたは転職を考えたことがありますか?」と質問したところ、
実に8割以上もの方が『はい(81.4%)』と回答しました。

次に、「実際に転職しましたか?」と質問したところ、
半数以上の方が『転職した(52.4%)』と回答しました。
『現在転職活動中(15.0%)』と回答した方も少なくないので、もはや転職は人生において「当たり前」のことと言えそうです。
 

  • 転職を思い留まった理由とは…?

 

前問では約3割の方が『転職しなかった(32.6%)』と回答しましたが、思い留まったのにはどのような理由があるのでしょうか。気になりますよね?
ですので、ここからは『転職しなかった』と回答した方にフォーカスしていきたいと思います。
「転職しなかった理由を教えてください」と質問したところ、
『考えが変わった(40.6%)』という回答が最も多く、次いで『同僚からの言葉や激励(19.1%)』『パートナーからの言葉や激励(12.0%)』『上司からの言葉や激励(7.6%)』と続きました。

■転職を考え直した具体的なエピソードとは…?
・上司に相談に乗ってもらい考えや思いが変わった(30代/女性/埼玉県)
・もう少し成果が出るまで続けてみようと思った(20代/男性/大阪府)
・友達が励ましてくれた(20代/女性/福井県)
・会社内でのキャリア形成を具体的に提示されたから(30代/男性/東京都)

仕事をしていると、さまざまなことを経験します。
嬉しいことや楽しいこともたくさん経験すると思いますが、悔しいことや悲しいことだってあるのが現実です。
そんなネガティブな出来事が起これば転職したいと思うのも当然でしょう。
ですが、一時的な感情で転職してしまうのではなく、冷静になって考え直した結果、引き続き現在の仕事を頑張ってみようと思い直しているのかもしれませんね。

また、同僚やパートナー、上司の方々からの支えによって転職を思いとどまっている方も少なくないことが伺えますね。
 

  • 仲間からの言葉は心を動かす!?

では、転職を考えた時、周囲にそれを止めてくれる存在はあったのでしょうか?
「転職を止めてくれた方はいましたか?」と質問したところ、
約4割の方が『いない(43.7%)』と回答したものの、『友人・同僚(16.3%)』『上司(15.4%)』『パートナー(12.6%)』『家族(10.6%)』と、周囲の方々に引き留められているケースも少なくないことが分かりました。

仲間が転職を考えた際、どのような言葉をかけてそれを止めているのでしょうか。
そこで、「止められた時に心に残った言葉があれば教えてください」と質問したところ、
・どこに行っても嫌なことはある。 今まで頑張ってきたんだからもったいない(30代/女性/愛知県)
・会社を変えよう(30代/男性/大阪府)
・君はこの部署にとって必要だ(30代/女性/兵庫県)
・辞められたら困るし寂しい(30代/男性/大阪府)

などの回答が寄せられました。

これまでの努力や頑張りを称え、さらなる成長を目指そうという激励や、別れを惜しむ声が心を動かしているようです。
 

  • 約半数がスキルアップを望んでいる

ここからは、実際に転職をした方、しなかった方、現在転職活動中の方すべての方に話を伺っていきたいと思います。
「仕事をする上で大切にしていることを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、
約半数の方が『自分のスキルアップに繋がること(49.3%)』と回答しました。

人生の大部分を占める仕事ですから、やはり自身のスキルアップは欠かせないようです。
以降、『自身の強みが活かせること(41.9%)』『誰かの役に立てること(34.6%)』『仲間からの信頼を得ること(20.4%)』『フレックス労働(勤務する時間・曜日を選べる)(16.9%)』と続きました。

どれも仕事をする上で大切な要素ですから、「強みを活かし」て「人の役に立ち」、「信頼を得られる」ような存在になって活躍されることを強く願っています。
それにはもちろん「フレックス労働」などの「働き方」も非常に重要ですね。
 

  • 会社が改善すべき部分とは一体…?

前問でも少し触れましたが、仕事をする上で「働き方」は重要です。
では、現在の職場でどのような部分を改善する必要があると感じているのでしょうか。
「会社に改善して欲しいことはありますか?」と質問したところ、
『福利厚生の充実(29.4%)』という回答が最も多く、次いで『評価の納得性(17.9%)』『インセンティブや表彰制度(15.8%)』『仕事の量・難易度・責任の大きさ(15.1%)』『上司のマネジメント(11.3%)』『会社や業界の意義や価値を明確にすること(6.9%)』と続きました。

■会社にはこうして欲しい!
・社内でマイノリティーな業務をする社員への評価制度を確立してほしい(30代/女性/埼玉県)
・日々成長できる体制作り(30代/男性/兵庫県)
・働きに応じた給料アップ・ 有給のとりやすい環境(30代/女性/愛知県)
・評価基準の透明性(30代/男性/新潟県)

社員の方々が働きやすい環境へと会社側が積極的に整えていく必要がありそうですね。
 

  • 社員個々が求める価値への正確なアプローチが重要

現代の若手社員は仕事をする上でさまざまな面に重きを置いていることが分かりました。
企業の良さは残しつつ、同時に不足している部分を補完する、この両輪が非常に重要だと言えそうですね。

今回のアンケート結果から、イマドキ社員の満足度を上げる為には、 今まで以上に社員への気配り、心配りが必要だということが分かりました。

その一方で、それを成し遂げられるのは管理部門ではなく、より身近な存在である仲間や上司なのかもしれないことも伺えます。
社員一人ひとりの「仕事に求める価値」が多様化してきている状況の中ですべてに応えようとした場合、 管理部門の負担はどんどん大きくなっていくでしょう。
そのため、なかなか取り組むことができないのが現状なのかもしれません。

しかしながら、その負担を軽減しながら戦略的に実践することができれば、 他社との差別化にもなりますし、若手社員の定着においても大きく前進できることは間違いありません。

例えば、正当な評価を求める社員には定期的に上司からのフィードバックができる仕組みを導入したり、 また、ちょっとしたインセンティブを支給することも効果的かもしれません。
そういった意味では、人事が改善できる部分は意外と多いようです。 

まさにピンチはチャンス!

社員は貴重な財産です。目標に向かって全社員が同じベクトルで走り、 気持ちよく働ける環境作りを行いましょう。
 

  • 企業オリジナルの通貨を作って会社の利益、社員の満足度をあげませんか?

株式会社ステラパートナーhttps://stellarpartner.net/)は、企業通貨を活用した人事制度・福利厚生のコンサルティング事業を行っております。

採用課題、定着課題、人件費課題等企業ごとに合わせた制度設計を提案、導入、検証まで一貫して行っており、 企業規模問わず多くのコンサルタント実績がございます。

現状の企業課題(弱み)を強みに変えていくことで、企業をポジティブに変化させる企業通貨施策は、 弊社の運営する企業通貨運営システム「Café Point Service」を活用します。

このシステムは商品やサービスを提供したい企業と企業通貨を活用したい会員企業を繋ぐプラットフォームで、 数万名以上の会員にご利用いただいているという実績を誇ります。

■「Café Point Service」の強み
・圧倒的なコストパフォーマンス(業界No.1)
・企業通貨交換メニューは50万種以上
・人事担当監修のシステムで誰でも使いやすい設計

■「Café Point Service」で実現できること
・エンゲージメント向上 ・会社の考えや思いを社員と共感、共有できる施策を構築します。
・多面的な評価制度を構築することで、新たな評価軸で社員を可視化し、定着率を向上させます。
・福利厚生施策の費用対効果向上 ・下支え的な福利厚生施策をインセンティブ型の福利厚生に再構築します。
・福利厚生プラットフォームを構築することで、社員周知やコスト増などの福利厚生を解決します。
・人件費の効率活用 ・賃金制度、賞与制度を見直し人件費の再配分を行えます。
・各種制度改廃時の受け皿として活用することが可能です。

企業通貨を使ったオンリーワンの人事施策は構築から導入、検証までサポート致します。
固定手数料なしポイント交換可能なサービスはメニューは50万種以上ございます。

また、サービスのお問い合わせ対応も弊社が無料でお引き受けいたしますので、株式会社ステラパートナーまで遠慮なくお申し付けください。

■株式会社ステラパートナー:https://stellarpartner.net/
■所在地:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-3-8 ACN秋葉原ビル4階
■代表取締役:遠上 智之
■お問い合わせ:https://stellarpartner.net/contact.html
■お電話でのお問い合わせ:03-5812-4312 (受付:10:00〜17:00 土・日・祝日除く)

調査概要:仕事と会社に関する調査
【調査期間】2020年1月30日(木)~ 2020年1月31日(金)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,122人
【調査対象】サービス業に従事する20代~30代の男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

IT・ネットワークカテゴリの最新記事