車のライトが乱反射する?多焦点眼内レンズがもたらす意外な症状

NO IMAGE
白内障手術後に起こる症状として、ハロー・グレアがあります。ハロー・グレアとは、白内障の手術で眼内レンズを挿入したことで、車のヘッドライトや街灯などの光が乱反射してしまい、光に輪がかかるようににじんで見えたり、光がぎらついて見えづらくなる現象をいいます。

多焦点眼内レンズを使用する場合に起こりやすい症状ですが、最近ではハロー・グレアが出にくい多焦点眼内レンズも登場してきました。

光の見え方に変化を感じるハロー・グレア


ハローによって街灯などの光の周囲にボヤっとした光の輪のようなものが現れたり、グレアによって車のヘッドライトのような強い光がぎらつくような見え方が現れることがあります。
ハローによって街灯などの光の周囲にボヤっとした光の輪のようなものが現れたり、グレアによって車のヘッドライトのような強い光がぎらつくような見え方が現れることがあります。
光がにじんで広がり、光の周りにリング状のもやがかかったように見える現象を「ハロー現象」、光がぎらついたり伸びたりしてまぶしく感じるように見える現象を「グレア現象」といいます。

共に白内障手術後に起こりやすい症状として知られています。

通常ですと、時間の経過とともに症状が軽快しますし、症状が続いても慣れて気にならなくなる方がほとんどです。しかし見えづらさを感じるようになる症状ですので、手術後すぐに夜間の運転をしなければならないなどの事情のある方には、心配な現象でしょう。

ハロー・グレアはなぜ起こるのか?

その他ファッションカテゴリの最新記事