地元園児向けに食育イベント「トマト狩り&いちご狩り」2/20(木)開催~今年で3回目の開催で、今年からいちご狩りもスタート~

地元園児向けに食育イベント「トマト狩り&いちご狩り」2/20(木)開催~今年で3回目の開催で、今年からいちご狩りもスタート~

水道修理、LPガス、住宅リフォーム業を展開する、有限会社プロシード(愛知県豊川市豊栄町)は、2017年1月より農業事業に参入し、3年目のトマト栽培を行っております。また、2019年9月にいちご栽培をスタートし、12月12日よりいちご狩りをオープンしました。地元園児らを招待し、食育をテーマにトマト狩りを毎年行い、今年で3年目となります。いちご栽培を開始した今期より、いちご狩りも一緒に楽しめるイベントとして2020年2月20日(木)に開催します。

・公式ホームページ : http://promontefarm.com/

・公式フェイスブック: https://www.facebook.com/promontefarm/

トマト狩り&いちご狩り

■2/20(木)地元園児向け食育イベント「トマト狩り&いちご狩り」へ招待

~今期で3回目となる一宮東部保育園の年長園児を対象としたトマト狩りを開催~

『農業王国豊川から「食生活」を豊かにする』をテーマに、2017年の農業参入時から始めた地元園児向けの食育イベントです。トマトが収穫できるようになるまで、黄色の花をが咲いたり、受粉に欠かせないハチの働きなど、紙芝居を使い、生育過程を伝えています。また、和みトマト「あかまる」の大玉・中玉・ミニ3種類のトマトの収穫を体験します。その場で口にした子供たちから「おいしいね」と声をもらうことが何より励みになります。またトマトが嫌いなお子様でも話を聞いて、お友達と一緒に自分で収穫した思い出を通じて、好きになってくれるはずと信じています。

~豊川市唯一のいちご狩り施設。2月の1か月間だけで1,000名超が来園予定~

2019年9月にいちご栽培を開始し、いちご狩りを12月よりスタートしました。12月・1月で400名超の来園があり、また2月の1か月間で1,000名以上が来園する予定です。お友達と一緒にいちご狩りを体験しながら、いちごについて学ぶことで農業や食に対する興味を持ってもらえることを目的としています。また、トマトに比べていちご好きのお子様が多いこともあり、プロモンテファームの食育イベントを毎年楽しみにしてもらいたいという願いを込めて開催します。

<イベント概要>

・プロモンテファームの園児向け食育イベント「トマト狩り&いちご狩り」

・日時:2月20日(木)10:00~

トマト狩り紙芝居

■食育イベントとして和みトマト「あかまる」プラントツアーを一般向けに開催

トマトの生産量全国3位を誇る愛知県だからこそ、農業参入時からトマトに興味を持ってもらうため、収穫体験イベントを行ってきました。農業参入して困難だと言われる販路開拓にもよい影響があります。何気なくお店で並んでいるトマトをただ購入されるよりも、農場に足を運んでもらい、どんなつくり方で、何にこだわっているかなどをつくりての想いを直接伝えることができます。さらには、ご自身の手で収穫したトマトを食べてもらうことが、長期的なファンをつくることにつながると信じています。地元のお客様である、お子様連れのファミリーや幼稚園や小学校の課外授業、ママ友同士のお出かけ、企業の研修としてご利用いただいています。

<和みトマト「あかまる」プラントツアー概要>

・毎週土曜日:13:15~約20分間

トマト狩り料金表

・予約詳細: https://00m.in/e7Dzp

和みいちご「ひまり-himari-」大粒いちご

■登山客で賑わう本宮山に新しい魅力として、豊川市唯一のいちご狩り施設をオープン

本宮山の登山口にある豊川市役所ウォーキングセンターの目前にプロモンテファームは位置しています。

いちごハウスは1,500平方メートル(15a)の広さを持ち、2019年9月26日にとちおとめ8,230株、よつぼし1,025株の計9,255株の栽培を開始しました。自ら収穫をして出荷することが目的ではなく、いちご狩りを中心に豊川市の新しい観光地として発信していきたいと考えています。そのため、腰を曲げずに収穫できるように高床で設計しています。また小さなお子様連れのご家族でも楽しめるようベビーカーでも利用できるよう整備しています。

いちご狩り

<いちご狩り概要>30分間いちご食べ放題

いちご狩り価格表

<いちご狩り予約>

https://00m.in/4MOsK

<ホテルアークリッシュのバスツアー>

ホテルアークリッシュ豊橋のグランシェフ今里 武氏の「レストランバス」ツアーに、2020年のいちご狩り施設としてプロモンテファームが選ばれました。海・山にかこまれた東三河を中心に生産者と向き合い、こだわりと愛情に溢れた食材の魅力を余すことなく一皿一皿に表現するツアーです。

詳細はこちら: https://higashimikawa-restaurantbus.com/

■プロモンテファームのトマトおよびいちご栽培の特徴

水耕栽培で使われる環境制御システムと土耕栽培を組み合わせた生産手法で栽培をしています。この組み合わせた栽培方法により、作物が光合成を最大化できる最適な環境を整え、高収量と高品質を同時に実現しています。

【統合環境制御システム】

トマトにとって最適な環境を整えるため、太陽光・水・風・温度・湿度・二酸化炭素・酵素肥料のすべてをICT技術で自動管理しています。作物が光合成を最大化できる最適な環境を整え、高収量を実現しています。

【土耕栽培】

日本古来の土耕栽培で酵素の力を最大限活用し、生物を阻害するのではなく細菌や微生物と共生しながら、植物 本来の力を引き出し、病害虫に強い植物を育てることです。

土中の微生物や細菌には酵素をつくる機能があり、この微生物からつくり出される酵素には、水や肥料を 吸いやすい環境をつくって根を働きやすくする作用があり、植物の育成を支えます。

そして健康な植物は害虫を寄せ付けにくくし、農薬に頼らないたくさんの実をつける立派な植物に成長 していくのです。植物本来のおいしさを引き出すことで、美味しさと栄養価が通常よりぎゅっと詰まった健康にいいトマトづくりを目指しています。

■観光農園「プロモンテファーム」の展望

有限会社プロシードは、「豊かな暮らしをトータルコーディネート」するモットーに、LPガス・水道工事から住宅リフォーム事業でと豊川市に密着して事業を行ってきました。おかげさまで、長年地域の皆様に愛されてきたおかげで事業を継続してくることができました。その恩返しをするには何ができるのかということずっと考えてきました。

日本の農業従事者の高齢化は豊川市でも同様です。農業王国豊川を豊かにする、また地域の皆様の「食生活」も豊かにできる事業だと信じています。それが私たちプロシードの「豊かな暮らしをトータルコーディネート」することなのです。

プロモンテファームは、本宮山の入り口ということもあり、近隣市町村や県外からの登山客も訪れます。本宮山は、豊川市、岡崎市、新城市境に位置しており、愛知県東三河で一番高い山で標高は789.2mあり「三河富士」と呼ばれ、別名、砥鹿山または本茂(もとしげ)山とも呼ばれています。

山頂には杉や檜の老木の生い茂る中に大己(おおなむち)命を 祭る砥鹿神社の奥宮が鎮座し、夏なお涼しい神域です。一帯は、本宮山県立自然公園(本宮山国民休養地)となっています。登山道も整備されており、手ごろな山として多くの登山客が訪れます。トマト生産だけではなく、トマトの収穫体験や食育イベントなどを行ってきました。さらには、2019年秋にいちご生産に参入しました。「いちご狩り」を通じて、より多くの方に本宮山はもちろん豊川市の魅力を発信していきたいと考えています。豊川市民の皆様、そして豊川に遊びに来てくれる人を増やすこと、そして楽しんでもらえることがプロモンテファームの使命なのです。

■会社概要

会社名  : 有限会社プロシード

本社所在地: 〒442-0014 愛知県豊川市豊栄町31

設立   : 1961年12月

代表者  : 伊豫田 英貴

事業内容 : 農業事業プロモンテファーム、水道修理(水漏れ・詰まり・

       壊れなど)、LPガス、住宅リフォーム、内装工事、外構工事、

       外壁塗装・屋根塗装、防水工事、電力事業、飲料水販売 等

農園名  : プロモンテファーム

農園所在地: 〒441-1202 愛知県豊川市上長山町手取8-4

URL    : http://promontefarm.com/

アクセス : 東名高速道路「豊川IC」より6km(車・約15分)

       豊川稲荷より8km(車・約20分)

       「日帰り天然温泉 本宮の湯」より400m(徒歩5分・車1分)

最寄り駅 : <電車>JR飯田線「長山駅」より1.8km(徒歩・約20分)

       <バス停>豊川市コミュニティーバス一宮線「本宮の湯」下車(徒歩5分)

その他ライフスタイルカテゴリの最新記事