OSGコーポレーション 衛生関連製品の3月売上が前年同月比500%超の大幅増

NO IMAGE

~新型コロナによる需要が急増~

OSGコーポレーション(東証JASDAQ コード6757)は、新型コロナウィルス対策で、消毒液としてアルコールと並び自治体などが推奨している次亜塩素酸水製品の衛生管理機器主要4品の3月の売上が、前年同月比500%以上の大幅な伸びとなりました。

中でも弱酸性除菌水(15000円 20L 4倍希釈)として販売している次亜塩素酸水は、自治体及び民間のスポーツ施設、保育施設、高齢施設や一般の事業所で利用が広がっておりリピートとしても期待しています。

またOSG製品で取引のあるフィリピンやベトナムの代理店を通じコロナ対策製品として政府関連の病院他、施設向けに衛生管理機器を輸出し、従来のOSG製品の取引アイテムを拡大中です。

【会社概要】

OSGコーポレーションは1970年に設立し今年で創立50周年を迎える。事業内容は家庭用から業務用、産業用に亘る幅広い分野で飲料と衛生管理の製造販売を行っている。2018年秋より「水にこだわる高級食パン」食パン専門店を全国に展開中。

会社名  : 株式会社OSGコーポレーション

代表者名 : 代表取締役社長 溝端 雅敏

       (コード:6757 東証JASDAQ)

資本金  : 資本金 6億100万円

上場市場 : JASDAQ 証券コード(6757)

本社所在地: 〒530-0043 大阪市北区天満1-26-3 OSG本社ビル

事業内容 : “健康と環境”をキーとした生活密着型商品の開発・販売

URL    : http://www.osg-nandemonet.co.jp/

ビジネスカテゴリの最新記事