8月28日は「テレビCMの日」 近年、疑問視されるテレビCMの効果がまるわかり!無料のマーケティング指南動画を公開

NO IMAGE

パペット人形を使った解説で「楽しく」「わかりやすい」全5篇

1953年(昭和28年)8月28日、この日に放送開始された民放・日本テレビにて、日本初のテレビCMがオンエアされました。初めてのテレビCMは、服部時計店(現・セイコーホールディングス株式会社)による正午を告げる時報でした。

テレビCMの戦略立案、コンサルティングを行う株式会社テムズ(東京都文京区、代表取締役:鷹野 義昭)は、広告マーケティングの実践的ノウハウを解説したシリーズ動画「真毛多さんのマーケティング相談所」の第5弾を、「テレビCMの日」でもある2020年8月28日(金)に公開します。この動画により、広告効果測定シリーズが完結となります。

マーケティング指南シリーズ動画「真毛多さんのマーケティング相談所」

https://bit.ly/3cRZdLr

データに基づきテレビCMの効果を明確化!実践的ノウハウ満載の無料マーケティング動画

パペット人形との掛け合いで「楽しく」「わかりやすく」、マーケティングについて解説する本シリーズ動画。広告効果測定のノウハウをベースに、次の打ち手につながる広告展開について、実践的な観点からアプローチしています。

■テレビCM効果測定のプロが徹底解説、無料動画で疑問・不安を解消

本シリーズ動画を展開する株式会社テムズでは、30年以上にわたり1,000素材を超えるテレビCMのマーケティングを行ってきました。動画では、長年の実績と豊富なデータに基づき、次のようなテレビCM展開の課題に対して、解決に向けたノウハウを公開しています。

・テレビCMの効果を明確化したい

・CMクリエイティブはどう評価すべきか?

・売上につながる戦略的なCMクリエイティブは?

・調査結果から次に繋がる改善策が見いだせない

・テレビCMとWEB広告、どちらが良いのか?

・クロスメディアの各媒体効果を把握したい 等

■パペット人形との掛け合いで、楽しくてわかりやすい解説

従来のマーケティング解説動画は「講義形式」が多いなか、本シリーズ動画は、なんと、「パペット人形との会話形式」で進行。「新人宣伝部員 うさこ」、彼女が勤務するメーカーの「ともぞう社長」、「CM戦略コンサルタント 真毛多(まけた)さん」による楽しくユーモラスな掛け合いが、笑いを誘います。また、「豊富な図表」によって視覚的・感覚的なわかりやすさも追求されています。

■テレビCM展開のリアルな課題をテーマにした「実践的」内容

各動画の冒頭では、テレビCM展開において実際に企業が抱えるような課題や問題点を提示。それらをテーマとして、「うさこ」から投げかけられる疑問・質問を、「CM戦略コンサルタント 真毛多(まけた)さん」がクリアにしていきます。

マーケティング“指南”動画として、「実践的に使えること」が強く意識された本シリーズ。マーケティングの現場担当者にとっては、「かゆいところに手が届く」内容です。

■たった5本の動画で広告効果測定がまるわかり

第1弾から第5弾まで視聴することで、テレビCM効果測定について概観し、理解を深めることができるシリーズ動画です。

vol.1「テレビCMの広告効果を見える化するには?」

https://www.youtube.com/watch?v=oUTjOV7rcJY

「テレビCMにウン億円払っても売上が伸びない」。新人宣伝部員うさこに、ともぞう社長から告げられた衝撃の事実。困り果てたうさこは、真毛多さんのもとへ。テレビCMの効果って「なんとなく」でしか測れないの…?

vol.2「CMクリエイティブの“質”を正しく評価するには?」

https://www.youtube.com/watch?v=8i4wRe-g8Rg

新人宣伝部員うさこが勤めるメーカーの「男性用育毛剤」CMが15歳の女の子に大不評!? 15歳女子がターゲットではないけれど、その声を無視していいものか…真毛多さーん、CMのクリエイティブを客観的に評価するにはどうしたらいいの?

vol.3「CMクリエイティブの戦略的な方向性を見出すには?」

https://www.youtube.com/watch?v=r6sQAX6pZw8

新人宣伝部員うさこの担当するCMがクリエイティブ賞を受賞。制作した広告代理店からも「好意度60%」と太鼓判。しかし、売上には繋がっていない…。「売上につながる、効くCM」って?

vol.4「クロスメディアの量的効果を的確に検証するには?」

https://www.youtube.com/watch?v=LQhWzUIVneA

「テレビCMをやめて、WEB広告にシフトする」。ともぞう社長から、そう告げられてしまった新人宣伝部員うさこ。テレビCMだって売上に貢献しているはず…各媒体の効果を明確化するにはどうしたらいいの?

vol.5「次の打ち手に活かす!各媒体の貢献度・ROIを明確化する!!」

※2020年8月28日(金)に公開。視聴はこちらから https://bit.ly/3cRZdLr

「テレビCMが購入行動にどれだけ貢献しているか、エビ“ダ”ンスを示して」と、ともぞう社長から迫られた新人宣伝部員うさこ。vol.4で理解したことを、実践へ。さらに、マーケティングのノウハウが、うさこの私生活でも活躍!?

■「CM戦略コンサルタント 真毛多さん」を演じるのは、テムズ社長本人!

本シリーズ動画では、「CM戦略コンサルタント 真毛多さん」を、株式会社テムズ 代表取締役 鷹野 義昭が演じています。約30年にわたり1,000素材を超えるテレビCMの戦略立案・分析・調査に携わってきた実績をもとに、すぐに役立つわかりやすい解説です。

そしてなんと、出演するパペット人形の声まで担当。1人3役をこなす敏腕“ユーチューバー”ぶりにも注目です。

【鷹野 義昭プロフィール】

株式会社テムズ 代表取締役/日本広告学会正会員/日本広報協会 広報アドバイザー

大手広告代理店のマーケティングプランナーを経て、現職。1,000素材を超えるテレビCMの戦略立案・分析・調査に約30年携わる。著書に「CM好感度No1.だけどモノが売れない謎 ~明日からテレビCMがもっと面白くなるマーケティング入門~」(ビジネス社)、「モノ売る地方CM コト得るPR動画 ~日本中の心をつかむマーケティング戦略~」(幻冬舎)。「ファインドスター広告ニュース」「ビジネスジャーナル」コラム、月刊「広報」「宣伝会議」等執筆多数。専門家コメンテータとして、フジテレビ「めざましテレビ」、日本テレビ「スッキリ」、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」「中居正広のミになる図書館」などに出演。大学・企業等においてセミナー・講義の実績多数。

■株式会社テムズとは

会社URL https://tems.ne.jp/

「モノが売れる」ことにこだわり、企業を対象とした「マーケティングサポート」「広告戦略策定」「テレビCM効果測定」「リサーチ&コンサルティング」を行う。2015年からは、秀逸な地方CM・PR動画を紹介するサイト「ぐろ~かるCM研究所」を運営。以降、自治体PR動画の拡散サポートサービス、戦略的PR動画の制作サービスも開始。2020年8月には、地方企業の広告戦略をオンラインで支援する「広告戦略テレ・サポートプログラム」をリリース。

エンタメカテゴリの最新記事