その不調は食生活が原因かも『旬野菜のちから 薬膳の知恵から』新装改訂版

NO IMAGE

株式会社叢文社から好評発売中『旬野菜のちから  薬膳の知恵から』(新装改訂版)のご案内です。

春先は自律神経の不調、梅雨時は頭痛、夏は食欲不振や夏バテ、秋はアレルギーや呼吸器の不調、冬は冷えによって関節やお腹が痛むなど、季節ごとに表れやすい不調もあります。

これらは、旬のものを食べることで、予防したり、軽減させることが可能と薬膳では考えられています。

夏のものは暑さに負けない力、秋のものは乾燥に負けない力など、その時期の邪気を退治するパワーを秘めているからです。(本文より)

●書籍概要

書名:『旬野菜のちから 薬膳の知恵から 』新装改訂版

著者:タナカトウコ

発行:株式会社叢文社

発行:2019年7月1日(既刊)

判型:四六判 ソフトカバー

頁数:128ページ

定価:1300円+税

ISBN978-4-7947-0801-4

発売場所:全国書店、ネット書店など

●著者 タナカトウコ 

1969年生まれ、青森県出身。約16年の広告会社勤務を経てフリーランスに。自身の経験から食と心とからだのメカニズムに興味を持ち、東洋医学・薬膳、野菜について学びを深める。保有資格は、漢方臨床指導士、養生薬膳アドバイザー、ベジフルビューティーアドバイザー、野菜ソムリエPro.等。現在は、BUYDEEM薬膳ポットシリーズの商品監修をはじめ、企画、プロデュース、コンサル、レシピ開発、編集執筆など、「食」を軸に多方面で活動中。

ビューティカテゴリの最新記事