国内初、セイコーがローカル5G・プライベートLTE(sXGP)システムで重要指標となるPTP時刻同期精度を測定するサービスを提供

NO IMAGE
セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)は、PTP開発ベンダー向けに「セイコーPTP検証サービス」の提供を2021年4月8日より開始します。

PTPを用いた高精度時刻同期システムは、モバイル、金融、放送など、多くの業界で利用されています。最近では、2020年12月に周波数利用範囲が広げられたローカル5Gソリューションにおいても、5Gシステムと同様にPTP技術が用いられています。
PTP技術を用いたソリューションでは、PTPに対応した装置を組み合わせてシステムを構築するため、装置単体とシステム全体でのPTP時刻精度誤差を把握する必要があります。しかし、PTPに特化した技術ノウハウやPTP専用の検証装置が必要なため、従来、その把握は困難を極めていました。

セイコーソリューションズでは、これまでPTP対応製品の自社開発知見や計測ノウハウを基に特定のベンダーに対してPTP検証をサポートしてきましたが、多くのお客さまからの要望を受け、このたび国内初*1となるPTP検証サービスの提供を開始することとしました。

「セイコーPTP検証サービス」は、自社保有のPTP技術ノウハウを元に、ベンダーが開発したPTP対応装置やソリューションに対し、プロトコル動作確認やネットワーク同期精度の計測など、PTP機能を利用する際に必要な動作確認を実施し、詳細な検証結果データを提供します。

セイコーソリューションズは、今後もお客さまのビジネスを支えるセキュアで高精度な時刻同期に関するソリューションを開発、提案していきます。

なお、本サービスは2021年4月14日(水)~16日(金)に千葉・幕張メッセで開催される「Interop Tokyo 2021」にて詳しく紹介します。

*1 当社調べ

【サービス提供イメージ】

<セイコーPTP検証サービス 概要>
【名称】セイコーPTP検証サービス
【発売日】2021年4月8日
【提供価格】都度お見積り
【検証期間】都度お見積り(概ね2週間から1ヶ月程度を想定)
【検証対象】
Ordinary Clock(GM、Slave)機能を有した装置や、Boundary ClockやTransparent Clock機能を有したネットワーク装置
【主な特長】
・セイコーソリューションズが保有するPTPノウハウを元に、PTP機能検証やネットワーク同期精度確認を実施し、検証結果をレポート
・システム設計に必要となる各機器の単体性能とトータル性能の測定結果を提供
・ITU-T標準規格、G.8260/G.8261/G.8262/G.8272などに準拠した測定器による各機器の時刻精度/確度を測定

※本文中に記載されている製品名などは各社の商標または登録商標です。

お客さまからのお問い合わせ先:
 セイコーソリューションズ株式会社
 戦略ネットワーク本部 タイミングソリューション営業部
 担当:長谷川   tel:043-273-3184  e-mail:support@seiko-sol.co.jp

IT・ネットワークカテゴリの最新記事