閉経後の女性における肥満の増加と生活習慣病のリスク要因が乳がん治療の原動力となる

NO IMAGE
Report Oceanが発表した最新の調査によると、世界の乳がん治療市場は、2026年までに296億米ドルに達すると予測されています。2017年には、標的療法セグメントが収益面で世界市場を支配しました。

乳がんは、乳房領域における悪性細胞の増殖として観察される疾患です。このようながんは、乳房組織、乳管、小葉のいずれかから発生します。一般的に、小葉から発生したがんは小葉がんと呼ばれ、管から発生したがんは管状がんと呼ばれます。がんの症状としては、皮膚のくぼみ、しこり、乳房の大きさの変化、乳房からの分泌物の妨げなどが挙げられます。一般的に、乳がんは50歳以上の女性によく見られる病気です。さらに、乳がんはすべてのがんの中で2番目に多い病気です。この疾患は、画像検査、身体検査、生検、および適切な治療によって診断され、コントロールされます。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=5047

世界の乳がん治療市場は、世界中で乳がん患者が増加していることが大きな要因となっています。乳がん患者の増加は、初潮の早さ、内因性エストロゲンへの長期暴露、閉経時期の遅さ、初産時期の遅さなどと関連しており、これらの要因が市場成長に大きな影響を与えると予想されます。加えて、様々なスクリーニングや診断プログラムの開始、技術の進歩なども、市場の著しい成長をもたらす要因となるでしょう。さらに、閉経後の女性における肥満の増加、乳がんに対する意識の高まり、生活習慣病のリスク要因(飲酒、喫煙)なども、世界の乳がん治療市場の成長を促進する要因と考えられます。

地理的には、2017年の世界の乳がん治療薬市場では、北米が最大のシェアを占めています。これは、この地域で乳がんの罹患率が上昇していることに加え、民間および公的機関による研究開発費が増加していることが主な要因です。さらに、米国を中心とした高齢者人口の増加や、早期の授乳終了が乳がん発症のリスク要因となっており、これが北米地域の乳がん治療薬市場の成長を支えていると考えられます。アジア太平洋地域の乳がん治療市場は、予測期間中に著しい成長が見込まれています。これは、病気の発生が増加していることに加え、ライフスタイルの変化やそれに伴う健康リスクの増加によるものです。さらに、テクノロジーの導入が進み、経済環境が改善し、病気の予防に関する意識が高まっていることも、アジア太平洋地域の乳がん治療市場の成長を後押しする要因となっています。

主要企業

本レポートに掲載されている主要企業は、AstraZeneca社、Bayer AG社、Danaher社、Bristol Myers Squibb社、Eisai Co, Ltd.社、Merck & Co.社、Novartis AG社、Novocure社、Pfizer Inc.社、F. Hoffmann-La Roche AG.社などです。

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=5047

私たちに関しては:

私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。

その他ライフスタイルカテゴリの最新記事