企画展「みて  さわって  堺のやきもの ~はじめまして、堺生まれのやきものです~」を開催

NO IMAGE

 




 

本展では、茶道具としても使われている湊焼や復興本湊焼などのやきものを茶事のながれに沿ってわかりやすく紹介します。 

堺焼など一部の作品は実際に手にとり、ご鑑賞いただけます。みて、さわって、堺のやきものをぜひ身近に感じてみませんか? 

 

堺において、古くは弥生時代に大陸から技術が伝来し土器や須恵器が焼成されていました。その後も現代にいたるまで多くの窯が築かれて、さまざまなやきものがつくられました。

今年で活動20周年を迎えた 堺陶芸会による堺焼や創作作品、堺市姉妹都市ニュージーランド・ウェリントン陶芸家協会の会員の作品も展示します。

 

 

展示内容 【企画展】

 

むかしのやきもの

復興本湊焼《交趾写緑釉大亀香合》(堺市博物館蔵)湊焼《海老形向付》(堺市博物館蔵)

 

堺焼《御鯛茶盌昭和丁未御題魚尓因て》(小谷城郷土館蔵)湊焼《手あぶり富士山型》(個人蔵)

いまのやきもの

 

 

堺陶芸会《とりさん》(個人蔵)堺陶芸会《白い砦》(個人蔵)ウェリントン陶芸家協会《黒い花瓶袋形》(個人蔵)

さわれるやきもの 堺焼

 

堺陶芸会 堺焼《堺伊羅保茶碗》(個人蔵)堺陶芸会 堺焼《堺黒楽茶碗》(個人蔵) 

 

■開催日:令和3年10月16日(土)~11月14日(日)9時00分~18時00分(最終入館17時30分)

 休館日:令和3年10月19日(第3火曜日)

■場所:さかい利晶の杜 (堺市堺区宿院町西2丁1-1)

■主催:さかい利晶の杜

 特別協力:小谷城郷土館、堺陶芸会、堺市博物館、堺市国際部

■観覧料:大人:300円、高校生200円、中学生以下100円(常設展観覧料を含みます。)

 ※「千利休茶の湯館」「与謝野晶子記念館」の観覧券で企画展もご覧いただけます。

 

 

【2階無料ゾーン】

○やきものが出来上がる行程をご紹介します。

 

【展示解説】

○展示室で作品を手に取りながら、展示の見どころや堺焼・湊焼の魅力についてお話しします。

◆日時:10月23日(土)・11月7日(日) ①11:00~②14:00~(各回20分程度)

◆定員:各回10名

◆参加費:無料(展示観覧券が必要です)

◆申込:10月1日より受付開始。詳しくは、さかい利晶の杜HPをご確認ください。

 

 

 

関連ワークショップ&イベント

申込:10月1日(金)より受付開始。お名前(ふりがな)、電話番号を明記の上、メール・電話・FAX・来館にて、さかい利晶の杜までお申し込みください。先着順。

 

わたしだけのティーパーティー!

お気に入りのお道具を選んで、オリジナルお茶会をコーディネートしよう!

◆開催日:11月3日(水・祝)

◆時間:①10:30~11:30 ②14:30~15:30(各回60分)

◆定員:各回6名

◆対象:小学3年生~中学3年生

◆参加費:300円

 

 

さかい焼ってなんだろう。

企画展で展示する茶碗の一部を特別に茶室に展示します。その中から参加者が気に入ったお茶碗を選び、特別鑑賞していただきます。(堺市内大学と協力)

堺陶芸会や「堺のめぐみ」の販売、フードドライブ(13日のみ)もあります。

 

◆開催日:11月13日(土)・14日(日)

◆時間:10:00~16:00 全7回(1回約20分)

◆対象:どなたでも(小学4年生以下は保護者同伴)

◆参加費:500円

※詳細はさかい利晶の杜までお問い合わせください。

 

 

おだしのヒミツ お出汁と堺の老舗の味を教わる

○ご家庭でも実践できるおいしいお出汁の極意を講義形式で学びます。

開催予定日:11月6日(土)11時~12時

詳細は、さかい利晶の杜HPをご確認ください。

 

 

【 小谷城郷土館 連携展示 】

特別展『堺の近代やきもの―湊焼―』

◆開催期間:10月1日(金)~12月19日(日)

◆開館時間:午前10時~午後4時(最終受付午後3時30分)

 休館日:毎週月曜日休館

◆入館料:一般(大学生以上)200円 小人(小・中・高校生)100円

 HP: https://www.kotanijo.jp/

 

 

その他、詳しくはこちらをご覧ください。

さかい利晶の杜 HP

アート・デザインカテゴリの最新記事