図研プリサイト、PLM「Visual BOM」にSlack連携機能を搭載 ワークフロー申請・承認のSlack通知対応で企業のテレワーク業務を支援

NO IMAGE

株式会社図研プリサイト(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:尾関 将、以下 図研プリサイト)は、同社が開発、販売しているPLMソリューション、Visual BOM(ビジュアルボム)の最新バージョン「v5.4」を2021年9月17日より販売開始いたします。

今回リリースされるVisual BOMの最新バージョンでは、ビジネスコラボレーションツール「Slack」と連携を開始しました。ワークフロー回覧時、これまではメールで通知されていた「自分が承認するべきタイミング」がSlackで即時にわかるようになり、導入企業の皆様にはよりスムーズに仕事を進めていただけます。

Slack連携イメージ

設計部署ではテレワークも定着し始めていますが、コミュニケーションがとりづらくなる一方、市場における短納期化の流れは変わりません。コロナ禍においてもVisual BOMはPLMシステムとして設計部署や製造部署のスムーズなコミュニケーションを支援し、短納期化の実現に貢献します。

図研プリサイトは今後もお客様の声に基づいた製品開発を行い、今後もアップデートを続けていきます。

Visual BOM

■Visual BOMについて

Visual BOMは、組立型製造業の設計成果物である部品表(BOM)に、図面作成ソフト(CAD)を持たない部門でも扱うことができる超軽量な3Dデータ(XVL)を加えて管理する、特許技術を搭載した唯一無二のPLMシステムです。これにより製品開発プロセスにおける、設計とその後工程との正確で迅速なコミュニケーションを実現します。また類似部品の検索、設計変更箇所の比較、部品のコストによる色分けなど、部品表と3Dデータを活用した機能も数多く実装しており、製品開発プロセスの効率化と高度化を実現します。

■図研プリサイトについて

図研プリサイトは、PLMシステム「Visual BOM」の開発、販売を中心に、製造業のお客様のモノづくりを支援するITソリューション企業です。今後も、新しい技術を積極的に取り込み、様々な企業内の情報利活用に貢献できるIT製品やサービスを提供してまいります。

図研プリサイト コーポレートサイト: https://www.presight.co.jp/

*本ニュースリリースに記載されている社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。

IT・ネットワークカテゴリの最新記事